三郷総合病院

診察担当医表

ごあいさつ

当科は2008年6月より常設の泌尿器科としてスタートいたしました。
現在2名の常勤医師と2名(+α)の非常勤医師で診療にあたっております。
地域に根差して、患者様個々を大切にする診療を行うことを最大の目標として取り組んでおります。きめ細かく、かつ迅速に対応するよう心がけております。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

初診時には尿検査が必要になることが多いですので、なるべく排尿をせずに受診されることをお勧めします。待ち時間に排尿したくなられた場合には外来看護師に一声おかけください。

また当科は予約制を採用しております。予約の患者様は予約時間の30分以内に診察室へお呼びできるように努力しております。ただ、その時の混雑状況、患者様の状態によってはお待たせすることもあります。ご了承いただきますようお願い申し上げます。
また初診の患者様は特殊外来以外では予約制ではありません。予約の患者様の合間を縫って対応いたします。少しお待たせすることになりますが、もしご都合で急がれる場合、体調の関係でお待ちになれない場合は遠慮なくお申し出ください。

特色

手術技術の研鑽

がん治療(前立腺がん・膀胱がん・腎がん・精巣がんなど)では多数の症例の経験を有しており、難治例を含め安全で確立した手術を提供いたします。腎がん・腎盂尿管がんでは腹腔鏡を用いた、体の負担の少ない手術を行っております。従来より小さな創(きず)で行なう手術ですので、術後の離床が早く進み、早期回復につながっています。
尿路結石の治療においては体外衝撃波結石破砕装置、ならびにホルミウムレーザーと軟性尿管鏡を導入し、内視鏡的結石破砕術も積極的に行っております。

周術期の管理

術前・術後には経口補水液を用いた管理を行っており、点滴を行わずに対応しております。また術後には患者様が自ら鎮痛のために薬剤を使用できるPCA(patient controlled anesthesia)ポンプを積極的に使用し、極力患者様の負担(点滴・疼痛)を回避し、早期の回復を目指しております。

がんに対する総合的な診療

泌尿器科がん(副腎がん、腎臓がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん、後腹膜肉腫など)に対する豊富な治療経験を有しており、質の良い手術・抗癌化学療法・緩和医療を患者様本位に行っております。 ただし放射線治療装置は備えておりませんので、これらの治療の必要な患者様に対しては適切な施設を紹介しております。治療は出来ませんが治療適応についての判断は可能ですので、遠慮なくご相談いただければ幸いです。

特殊外来

木曜日午後に女性泌尿器外来、水曜日午前に男性外来を設けております。余裕のある時間設定で完全予約制で行っております。詳しくはそれぞれの項で説明しております。ぜひご覧ください。

慢性腎臓病、腎不全治療

腎不全患者様に対する血液浄化療法(血液透析、腹膜透析)の導入にも対応しており、内シャント造設術、腹膜カテーテル留置術を行っております。また木曜日の午前に保存期慢性腎臓病の患者様と腹膜透析の患者様を対象とした外来を開いております。血液透析は当院5Fにあります血液浄化センターで行っております。詳しくはそれぞれの項をご覧ください。

地域の先生方との連携

地域の先生方とは顔と顔のつながりを重視し、しっかりとした信頼関係のもと患者様の治療にあたっております。前立腺がんの診断においてはPSA(前立腺特異抗原)を用いた地域連携パスを運用しております。また排尿障害についても排尿障害地域連携パスを作成しており、有効な運用を目指しております。

スタッフ紹介

 (副院長) 松岡 直樹
資格
日本泌尿器科学会指導医
日本透析医学会員 日本癌治療学会員
日本泌尿器内視鏡学会員
日本がん治療認定医機構認定医
身体障害者福祉法第15条指定医(膀胱又は直腸機能障害)
専門分野 泌尿器がん・後腹膜腫瘍・排尿障害・腎不全

堀内 崇真
資格 日本泌尿器科学会会員
日本透析医学会員
日本癌治療学会員
日本泌尿器内視鏡学会員
専門分野 泌尿器がん、排尿障害、尿路感染症

その他

★泌尿器とは?(図1, 2)

尿を作ったり運んだりする臓器のことです。尿を作るのは腎臓、尿を運ぶのはまず腎盂という少しスペースのある部位、そして尿管という細い管です。尿を一旦ためる場所は膀胱、そのためた尿を排出するのが尿道です。

★泌尿器科の扱う臓器(図1, 2)

泌尿器科が対象とする臓器は先に挙げた泌尿器だけにとどまりません。男性の生殖にかかわる精巣(睾丸)(精子を作ったり男性ホルモンを分泌するところ)、精子を運ぶ精巣上体ならびに精管、精子を一旦蓄えたり精液を作る精嚢、同じく精液を作る前立腺、そして陰茎があります。さらに後腹膜腔(腸の存在する腹腔という場所の後ろ側のスペース)も対象となります。ここには大動脈や下大静脈といった大血管がありますが、その他にもさまざまな重要なホルモンを分泌する副腎、そしてリンパ節や脂肪があり、これらの病気も治療の対象になります。


★泌尿器科の扱う疾患

今までに述べてきた組織に起こるさまざまな病気が対象となります。それぞれの臓器に発生する腫瘍(悪性腫瘍も良性腫瘍もあります。代表的なものは腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍など)や機能障害(たとえば膀胱の障害による頻尿や排尿困難、尿失禁、前立腺肥大症に伴う排尿困難、あるいは性機能の障害など)、感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎など)に対する治療を行います。

★治療の方法

疾患それぞれにいくつかの治療法が存在し個々の患者様の状態に最も適した方法を相談して選択していくことになります。
手術で異常な部位を取り除いたり、異常な形状を正常に戻したりすることもありますし、薬物で治せるものもあります。がんでは放射線治療が適応となる場合もあります。
現在では本当にいろいろな治療法が開発され進歩して来ています。ただ逆に、どの状態の患者様にどの治療を行うのが最適かを判断するのが難しい場合もたくさんあります。本やインターネットで治療法の情報は簡単に仕入れることが出来ても、それぞれの患者様にとってどうするのが最も良いかの判断は、やはり必要な検査を受けた上で経験を積んだ医師にしっかり相談することが重要です。
各疾患についての説明、治療法については下記の表の各疾患の項、もしくはこちらをクリックしてください。(徐々にアップして行く予定です。)

前立腺がん疑い

前立腺がんは近年増加しており2001年には我が国における男性の癌の罹患率で直腸がんを抜いて第五位になりました。しかし前立腺がんによる死亡率はそれほど高いわけではなく、転移を有する進行がんが減少し、治癒をめざせる早期がんが増えて来ています。
その要因としてはPSA(前立腺特異抗原)による前立腺がんの早期発見があげられます。PSAによる検診が果たして有意義なものかどうかについては、厚生労働省の研究班(がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究班)からは無意味との発表もありますが、泌尿器科学会では意味のあるものとの見解を採っており、まだまだ議論の余地のあるところです。
前立腺がんの症状としては、がんのために前立腺が腫大することによる排尿困難、がんからの出血による血尿や血精液症の他、転移によって起こる骨の痛みなどがあげられます。しかしこれらの症状が起こる状態は病気がかなり進行した状態であり、がんを根治することは非常に困難な状況です。
そこで症状の出ないうちに早期のがんを見つけることが重要です。ただし前立腺がんの中には非常に進行が遅く治療をしなくても寿命を左右しないがんがたくさんあるのも事実で、すべてのがんを見つけて治療しなくてはならないというわけではありません。その辺りの兼ね合いをどうするのが正しいかというのも難問で、盛んに議論されているところです。
前立腺がんは極めて稀には30歳代で発症することもありますが、主として50歳以上の方の病気です。一般には50歳になったら年に一回PSAをチェックすることが勧められています。現在では人間ドックでもオプションでPSAのチェックのできるところが多くなっていますので、50歳以上の方で病院でPSAを調べたことのない方はチェックを受けておかれると良いでしょう。
その他に前立腺がんをチェックする方法としては、PSAより感度は劣りますが、直腸指診(肛門から指を入れて前立腺の後面を直腸の壁越しに触れる検査、図2参照)と経直腸的超音波検査(肛門から専用の超音波の機械を挿入し前立腺の内部を詳細に観察する検査)、さらにMRI検査があります。PSAのみでなくこれらの検査を組み合わせることでより精度の高い診断を得ることができます。
前立腺がんの特徴として遺伝的な要素も強いことがあげられます。親・兄弟に前立腺がんの方がおられる場合は40歳もしくは45歳で一度前立腺がんのチェック(PSA検査や直腸指診など)を受けることが推奨されています。
PSAの値が高い、あるいは直腸指診や経直腸エコー、MRIで所見があるということで前立腺がんが疑われることになります。

PSA(前立腺特異抗原)とは?

PSAはprostate specific antigenの略で、前立腺だけで作られているタンパク質です。主として精液の中に存在し、精液の凝集を阻止する働きを持っていると言われており、生殖機能の中で役割を担っているようです。この一部が血中に入り体の中を巡っています。血中では特別な機能は持っていないと考えられています。血液を採取し血中のPSAの量を測定することで、前立腺の細胞に起こる異変を察知することができるのです。特にがんの存在する場合に高い値をとることから腫瘍マーカーと呼ばれています。前立腺に特異的なものですから非常に優秀なマーカーの一つとされています。ただしPSAにも欠点があります。がんだけでなく他の病気の存在によっても上昇するためです。前立腺肥大症や急性前立腺炎、慢性前立腺炎の他、加齢とともに数値が上昇することが知られています。
一般的にはPSAの値が4以上だとがんの心配をして詳しい検査(生検)を考慮することになります。4~10をグレーゾーンと呼ぶこともあり、この値の範囲の患者様に生検を行うと4人に1人程度にがんが見つかります。10を越えていれば、がんの見つからない患者様も勿論おられますが、進行がんの恐れもあり、より厳密な対応が必要になります。ただしPSAが低くても進行がんの場合もあるため、必ずしもPSAの値が病状を反映しないことを知っておくことも重要です。
若い方(60歳以下、あるいは65歳以下)では期待される余命も長いことから、より早期のがんを発見することが大切になります。生検を考慮するための基準をPSAの値が2以上とか2.4以上とかより厳密にする考え方もあります。しかし基準を厳しくすると不必要な生検をより多く行うことになり、そのバランスをどうとるかについての一般的な見解はまだでていません。
もう一つ知っておいていただきたいのは、PSAの絶対値だけではなくその経時変化もがんの有無を判断するのに重要なポイントとなることです。PSAが高いために生検を受けてもがんが見つからなかった場合には引き続いてPSAを観察して行くことになりますが、徐々にPSAが高くなるような場合には再度生検を行うべきです。また、PSAが基準値より低くても毎年の人間ドックなどでの数値が上昇して行く時も要注意です。人間ドックでは通常基準値より低ければ「異常なし」というコメントが返ってくるだけです。せっかくのご自身の値ですので数値そのものの動きも確認して、上昇傾向があれば専門医に相談されることをお勧めします。 時に「PSAはどのくらいまで高くなるのですか?」という質問を受けます。私自身が経験したのは30000くらいの患者様です。骨に転移があり治療にも抵抗性となっており、その後ほどなく他界されました。
また「どうやったらPSAが下がるんですか?」という質問もよく受けます。PSAはがんがあるかどうかをみるための一つの指標ですから、PSAが高くてもがんが見つからなければPSAそのものを下げる必要はありません。前立腺がんがある場合その治療を行えばPSAは下がって行きますが、がんが見つかってもいないのに治療をしてPSAを下げるのはおかしな話ですよね。

前立腺生検

前立腺がんを疑ったら、がんが実際にあるかどうかを確定するために生検を行うことが必要です。生検で得られる情報はがんの有無のみにとどまらず、がんがある場合にはそのがんの性質(悪性度)や前立腺内での広がりの推定に及びます。それらは後の治療方針を決めて行くのに欠かせない情報になります。
前立腺は直腸のすぐ前に位置しており、前立腺にアプローチするのに肛門・直腸は非常に便利です(図2参照)。そのために直腸指診や経直腸的超音波検査が有用なのですが、生検も直腸の壁越しに針を刺して前立腺の組織を採取するのが一般的です。他に経会陰的(肛門と陰嚢の間の皮膚から)に生検を行う方法もあります。組織を採る部位も施設により様々です。一般的には6~12カ所の組織を万遍なく採取するのですが、施設によっては20カ所、30カ所の部位から採取するところもあります。当院では12カ所から採取することにしています。
麻酔も施設により様々です。無麻酔で行うところから腰椎麻酔(下半身が麻痺する麻酔)を行うところまであります。当院では仙骨硬膜外麻酔という麻酔を行っています。仙骨はお尻のすぐ上にある骨で、この中央部に穴があいており、そこに針を刺して麻酔薬を注入します。これによって肛門周囲の知覚が麻痺し、ほとんどの患者様は痛みを感じずに検査ができます。人によっては麻酔が効き過ぎて暫く膝に力が入らず歩けなくなる方もいますが、少し休んでいただけはそのまま帰宅できます。
麻酔に10分、実際の生検に10分、終わってから30分ほど休憩して、その後実際に排尿をしてお帰りいただきますので、大体1時間ほどの検査になります。
合併症としては主として3つあります。一つは出血。血尿、血精液、血便です。出血で大きな問題になることはまずありません。極めて稀に輸血を要することがあります。二つ目は排尿困難です。前立腺そのものが生検によってむくんでしまうと、尿道を圧迫して尿の勢いが悪くなることがあります。もともと前立腺肥大があり、排尿困難のある患者様では尿閉(尿が全然出なくなってしまう状態)になることもあります。三つ目は急性前立腺炎です。直腸内の菌が前立腺に入り増殖すると39℃~40℃の高熱を発します。そうなると抗生物質の点滴などが必要となり、通常一週間程度の入院を要します。そうならないために生検前から予防的に抗生物質の内服もしくは点滴を行っていただいています。それにより急性前立腺炎で入院を要する確率は2-3%程度に抑えられます。
生検は組織を針で採って顕微鏡で調べる検査です。検査結果がでるのに1週間程度かかりますので、通常は2週間後くらいに外来へお越しいただき、結果をお知らせしています。

前立腺肥大症

前立腺は膀胱の下にあって、尿道を取り巻いています(図1、図2)。男性にしか存在しない臓器で、精液の一部を作っており生殖には欠かせない臓器です。50歳前後から多かれ少なかれほとんどの男性の前立腺は腫大し始めます。その細かな理由はまだよくわかっていません。
肥大していない前立腺は20グラム前後と言われています。肥大してくると大きい患者様では100グラムを超える場合もあります。
前立腺が肥大すると外へ広がるだけでなく、中を貫いている尿道も圧迫されますので、排尿の勢いが悪くなります。それによって、トイレに行ったときにすぐにおしっこがでない、出始めても時間がかかる、終わったと思っても残った感じがする、という症状がでてきます。実際に残尿が多くなっている場合もあります。 一方で前立腺が大きくなること、あるいは残尿があることで、前立腺や膀胱をつかさどる神経が刺激を受け、そのために尿が近くなる、いても立ってもいられない強い尿意を突然感じてトイレに駆け込む、トイレに間に合わなくて漏れてしまう、という症状が出てくることもあります。
これらの症状は前立腺肥大のみならず、膀胱そのものの働きがうまく行かない時にも起こってきますので、きちんと区別して治療を進めていかなくてはなりません。
症状が強くなると日常生活の中でいつも尿のことが気になってしまって生活に影響が出たり、夜の尿の回数が増えて睡眠がうまく取れなくなったり、残尿が増えると難治性の膀胱炎になったり、ひどくなると尿閉といって全然尿が出なくなり、最終的には腎臓の働きが悪くなったりと、大きな問題を引き起こしてきます。 そういう場合にはきちんとした治療を受ける必要があります。
まずこれらの症状で受診された際には尿の検査、前立腺がんのチェックのためのPSAの採血、直腸指診(肛門から指を入れて前立腺の後面を直腸の壁越しに触れる検査、図2参照)、そして詳しい問診を行います。
治療としては、まずはα1ブロッカー(ハルナール、フリバス、ユリーフなど)を処方することがほとんどです。このお薬は前立腺部の筋肉の緊張を和らげて尿の勢いを改善し、さらには前立腺や膀胱の神経の刺激を和らげて尿の回数を減らす作用を持っています。血圧を下げる作用も若干持っていますので、立ちくらみなどに注意が必要です。
近年5αリダクターゼ阻害薬(アボルブ)も広く使われるようになってきました。このお薬は男性ホルモン(テストステロン)を活性型に変えるのを抑制する作用を持っており、数ヶ月かけて前立腺の大きさを3割前後縮小させることで、前立腺肥大症に伴う症状を楽にします。前立腺の腫瘍マーカーの PSAも数ヶ月で半分くらいに下げる作用があります。前立腺がんの診断に影響がありますので、泌尿器科専門医と相談して服用を開始するのが良いと思います。
残尿が非常に多い場合には、尿道から膀胱へ管を入れる方法(尿道カテーテル留置や間欠的自己導尿法)を行う場合もあります。基本的にはこの方法は急場しのぎで、腎臓や膀胱の機能の悪化を防ぐために行います。
薬物療法で十分な効果が得られない患者様には手術をお勧めします。現在主流となっている手術法は経尿道的前立腺切除術です。この治療では出血や水中毒という合併症もあり、大きな前立腺の手術には不向きとされていますが、経験を積んだ医師が施行するとほぼ安全に治療ができます。近年注目を集めているのは、内視鏡下にレーザーを用いて前立腺をくり抜くHoLEPという治療です。この治療では経尿道的前立腺切除術の欠点である出血や水中毒を起しにくいという利点があります。当院ではこの治療は行っていませんので、ご希望があれば適切な施設へご紹介申し上げます。遠慮なくお申し出ください。
2012年より当院では生理食塩水を用いる経尿道的前立腺切除術を開始致しました。この方法を用いますと先に述べました水中毒の心配が無く、より安全に手術が出来るようになりました。
年齢や他の病気との兼ね合いで手術が適さない患者様に対しては、前立腺の中を貫く尿道の中に短い管(ステント)を留置して、尿の出を良くする治療法もあります。

経尿道的前立腺切除術

薬物療法で症状がうまくコントロールできない前立腺肥大症の患者様にこの治療を勧めることになります。
手術前日に入院していただきます。手術は通常は腰椎麻酔(背中に細い針を刺して麻酔薬を注入し、おへそ付近以下の知覚や筋肉を麻痺させる麻酔です。通常は3時間程度で覚めます。)もしくは全身麻酔のもと行います。
尿道から切除鏡を挿入し、カメラで見ながら腫大した前立腺を電気メスで削っていきます。出血はやはり電気メスを用いて焼いて止めます。大きな前立腺になるとそれだけ出血量が多くなることになります。出血が多くなると輸血を要することもあります。また手術中視野を保つために特殊な水を流しながら手術を行うのですが、この水が大量に体に吸収されると水中毒を起して意識障害が出現することになります。この意識障害は適切に対応することで回復します。当院では2012年から生理食塩水を用いて手術できるようになりましたので、この水中毒の心配はなくなりました。手術時間は通常1時間以内、100グラム前後の大きな前立腺では2時間程度かかることもあります。
終了後は尿道に管を留置します。削ったところの出血や炎症がある程度収まるまで管は入れっぱなしになります。通常は2日間くらいです。管を抜いた後は自分でトイレで排尿することになりますが、当初は頻尿、排尿痛、血尿を自覚することが多いです。痛み止めが必要なこともありますが、徐々に軽快していきます。退院は術後4(~5)日くらいです。
術後勃起障害や射精障害が出現することもあります。また手術したのにあまり排尿の症状が改善しないということもあります。長い年月の間に再び残った前立腺が腫大して治療が必要になることもあります。
削った組織は病理検査を行い、がんがないか調べます。前立腺がんがある場合、その状況によってはがんの治療をお勧めすることもあります。
大きな前立腺(80グラム以上)ではある程度の出血が予想されますので、輸血を避けるために術前にご自身の血液を400mlもしくは800mlほどあらかじめためておく自己血貯血をお勧めしています。これにより輸血が必要となることはまずありません。

体外衝撃波結石破砕(ESWL)

当院では2010年10月より腎尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕装置を導入いたしました。
衝撃波を用い、体にメスを入れることなく結石を破砕して、体外に自然に排出しやすくする治療です。患者様の状態にもよりますが、原則的には入院は不要で、外来での速やかな治療が可能です。
結石による痛みに悩まされている方、健康診断などで腎臓に結石があるといわれたことのある方は、ぜひ当院泌尿器科へご相談ください。

尿路結石症とは?

尿路にできる結石を尿路結石と言います。
結石は腎臓で形成され、移動すると尿管へ入り込みます。尿管に結石がはまり込むと強い痛みが起こります。腎結石・膀胱結石は痛まない事もありますが、尿管結石はたいへん強い痛みがあります。

●どのくらいの人が尿路結石にかかるのでしょう?

■尿路結石症の生涯罹患率(一生の間に一度は尿路結石症に罹患する率)
男性:15.1% (7人に1人)/女性:6.8% (15人に1人)
■性差
男性:女性=2.4:1
■年齢別罹患率
20歳以降に急激に増加
男性:30~60歳代、女性:50~60歳代にピーク

●尿路結石症はどのような経過をたどりますか?

■自然に結石が体外に出るのは
症候性腎結石の約70%
尿管結石の約60%
長径8mm以下の結石は自然排石する可能性が高い
■5年再発率(5年以内にまた結石ができる率)
40~50%

●どのような処置が必要ですか?

痛みの強いときは鎮痛の座薬などで痛みを軽くします。しばらくすると通常痛みはおさまります。小さい結石は自然に体から排出することを期待して、水分をとったり積極的な運動をしたりします。結石が動いて再び尿管にはまり込むと痛みが出ます。
腎臓の働きがなくなると痛みも出なくなりますので、痛みがなくなったから治ったと自分で判断しないように気をつけましょう。逆に痛みがあるうちは、腎臓は働いていますので早めの受診をこころがけましょう。

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とは?

自然に出ない結石や、腎臓の働きが悪くなってきたときは積極的な治療が必要になります。先ず行われる治療は体外衝撃波結石破砕術(ESWL)で、体外より衝撃波を結石に照射し、自然に出る大きさ(およそ4mm以下)まで砕きます。

当院ではドイツ製のESWL装置を使用し、結石破砕を行っています。
治療当日(治療前)は基本的に絶飲食としていただき、治療の痛みを軽減させるため治療前に座薬、鎮痛剤を使用することがあります。
なお、この治療法は結石を消滅させるのではなく、細かく砕く治療ですので、治療後は積極的な水分摂取を行い排石を促進させる運動等が必要です。
体外衝撃波結石破砕術で複数回治療しても破砕できない結石は内視鏡手術(経尿道的尿路結石破砕術)、他の治療が必要になることもあります。
尿路結石症は再発の多い病気ですので結石を破砕するだけでなく、再発の予防法も考えた治療が必要です。

経尿道的尿路結石破砕術

尿路結石とは腎・尿管・膀胱・尿道にできる結石のことです。尿管結石では症状として腰背部痛、腹痛、悪心・嘔吐、血尿といった症状があります。直径5~7mm以下の尿管結石は自然排石する可能性がありますが、それ以上の大きさの結石では自然排石する可能性が低いため治療の必要性があります。腎・尿管結石の治療としては体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)や経尿道的尿管結石破砕術(TUL)があります。当院では、軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿管結石破砕術(flexible TUL:fTUL)が可能です。軟性尿管鏡という細いファイバースコープを尿道から挿入し、膀胱を経由して尿管または腎臓内の結石を破砕します。結石破砕装置としてレーザーを使用しています。症例によっては術後に尿管ステントを留置する場合があります。合併症としては尿管損傷や尿管狭窄などが生じる場合がありますが、合併症の起こる頻度は非常に低いです。

前立腺がん

手術療法

前立腺と精嚢を摘出し膀胱と尿道をつなぐ手術です。骨盤内リンパ節郭清も行います。手術の適応としては期待余命が10年以上で前立腺内に限局するStageA、Bと局所進行がんであるStageCの一部が対象となります。手術の方法としては開腹手術、内視鏡補助下小切開手術、腹腔鏡下前立腺全摘除術、ロボット補助前立腺全摘術などがあります。当院では開腹手術のみ可能です。8-9cm程度の比較的小さな切開創で行っています。手術前に自己血を400ml貯血し、手術時間は3時間~3時間半、出血量は500ml程度で入院期間は10~14日です。尿道カテーテルは術後5日目に抜去しています。手術の合併症として直腸損傷、尿失禁やインポテンツなどがあります。インポテンツは症例によっては勃起神経を温存することである程度の機能を維持することが可能です。尿失禁は手術後6ヶ月には約95%の方が改善します。当院では局所進行前立腺がんでも根治を期待して積極的に手術を行っています。

放射線治療

外照射
StageA~Cが適応となります。リニアックという装置を用いて1回2Gyを照射し、癌の悪性度や進行度を考慮して36~39回程度照射するのが一般的です。三次元原体照射(3D-CRT)や強度変調照射線治療(IMRT)などといった照射方法があります。早期の合併症としては血尿・頻尿・排尿痛・排便痛、晩期の合併症としては放射線性膀胱炎や直腸出血などがあります。

小線源治療

ヨウ素125Iという放射線を発生する小さな針を前立腺の中に埋め込み前立腺がんの治療を行います。

その他の治療としては重粒子線や陽子線などの治療法などがあります。当院では放射線治療を行っていないため放射線治療を希望される患者様には他施設を紹介させて頂いています。

ホルモン療法

治療の適応としては主にStageC、Dに行われます。また高齢であったり、全身的な合併症のために手術療法や放射線療法が行えない患者様も適応となります。 前立腺がん細胞は精巣で分泌される男性ホルモン(テストステロン)の存在下で成長する性質があります。この男性ホルモンを除去してがん細胞を縮小させるのがホルモン療法です。内科的治療としてはLH-RHアゴニスト・アンタゴニストの注射と抗アンドロゲン剤またはエストロゲン製剤を内服します。また手術による両側精巣摘除術(外科的去勢)が行われることもあります。しかしホルモン療法では悪性度の高いがんでは早期に再発することがあります。ホルモン療法の副作用としては性欲や勃起能の低下、ホットフラッシュ、骨粗鬆症などがあります。

無治療経過観察

全く治療をせずに定期的にPSAを採血してがんの進行状況をチェックしていきます。それぞれの治療には多かれ少なかれ副作用が伴いますので、現在の生活の質を大切にしたい場合や、がんが微小で悪性度が低い場合、症状のない高齢の患者様などが適応となります。しかし病状が心配な場合やPSAが連続的に上昇してきた場合などは、適切な治療を提案させて頂きます。

抗がん剤治療

ホルモン療法が効かなくなった前立腺がんは去勢抵抗性前立腺がん(castration resistant prostate cancer:CRPC)と呼ばれます。PSAの数値が上昇し、局所の病変が増大したり、リンパ節転移や骨転移などをきたします。骨転移が起きると(腰椎、骨盤、肋骨など)転移した部位に痛みが出ます。本邦ではホルモン療法が効かなくなった前立腺がんに対してドセタキセルという抗がん剤が保険適応となっています。ドセタキセルに加えてステロイド剤やエストロゲン剤を併用します。抗がん剤治療の副作用としては骨髄抑制や間質性肺炎などがあります。基本的には外来通院での治療が可能です。また骨転移が生じた場合に痛みを和らげたり、がんの進行を遅らせる目的でビスフォスフォネート(ゾメタ)やデノスマブ(ランマーク)なども併用することがあります。

腹膜透析

慢性腎不全のために、体を維持できなくなると血液透析、腹膜透析、腎移植といった治療を行い、腎機能を維持する必要があります。それぞれの治療には特徴があり、長所、短所、それぞれの患者様に対する向き不向きがあります。それぞれの治療の特徴を理解した上でどの治療が適切かよく考えて決める必要があります。
わが国では血液透析の施設が多く、またその管理の質も世界的に見ても非常に高く、良好な治療成績を上げてきました。ただ、週に2~3日、毎回3~4時間の治療を必要とし、生活の中で大きな負担となる治療であることも事実です。
それに対し腹膜透析は自宅での治療ですので、通院は2週~4週に一回ですみ、日常生活や社会生活を維持しながらの治療が可能です。また現在残存している腎機能の維持にも有利な治療です。
現在当院では腹膜透析を行う体制を整えております。お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。


男性外来
水曜日午前に男性外来として男性更年期障害、男性性機能障害に特化した外来を行っておりま す。いずれもデリケートな病態であり、時間にも余裕のある外来診療を行いたいと考え、完全予約制 としております。ご相談、ご質問のある方はまず電話でお問い合わせくださいますようお願い申し上 げます。

★診療内容
問診や病態に応じた自己記入式の質問票を通じて患者様の訴えを把握し、必要に応じ理学的所 見をとります。この中には精巣(睾丸)の触診、ペニスの視触診、前立腺の触診を含みます。臨床検 査を行う場合もあります。これは男性ホルモン検査や一般的な採血、超音波検査、心電図検査など です。これらの結果を踏まえ、薬や器具を使った治療を行います。

★男性更年期障害
加齢とともに性ホルモンが減少し、それに伴い種々の症状が現れてきます。これを更年期障害と呼 んでおり、女性では閉経を境に著明に女性ホルモンが低下するために、現れる症状も激しいことが 多く、以前から治療としてホルモン補充療法が行われてきました。近年、平均寿命の延長や生活の 質(quality of life、QOL)に対する関心の高まりと相まって、男性においても加齢に伴う性ホルモン の低下によると思われる症状が注目されるようになってきました。
男性ホルモンは20歳前後にピークを迎え、その後ゆっくりと低下していきます。女性の閉経前後の ような顕著な低下は認められず、高齢者でもある程度の男性ホルモンは分泌され続けています。か なり個人差が大きいため、男性ホルモンの検査値そのものを直接症状と結びつけることは難しく、一人一人の患者様の中での経時的変化が大きな意味を持つと思われます。
症状としては性欲や勃起能の低下といった性機能障害、いらいら感、不安感、不眠、だるさや意欲 低下といった精神症状、ほてりや発汗、筋力低下、体毛の変化といった身体症状などがあり、多岐 にわたります。最近増加傾向にあるうつ病とも通じる症状もあり、鑑別も重要ですし、実際に精神科 的アプローチを要することもあります。
男性ホルモンが基準値より低下している場合は男性ホルモンを補充する治療を行います。現時点 で我が国で行えるのは2~4週間ごとに筋肉注射する方法です。将来的には飲み薬や貼り薬ある いは塗り薬が使用可能になると思われます。(既に海外で発売されています。)
一方で、男性ホルモンは前立腺がんの進行に関わることが知られており、既に前立腺がんにかかっ ている患者様には使えません。また前立腺がんの有無を治療前にチェックしておく必要がありま す。
男性ホルモンが正常で症状の訴えがある場合には、先に述べた様に精神科的な治療をお勧めす る場合もあります。

★性機能障害
性機能障害の中には、性欲の低下、勃起力低下、性交困難、射精障害などが含まれます。それぞ れに原因が考えられます。精神心理的原因があったり、男性ホルモンの減少に伴う更年期障害の 一症状のこともあります。その他、脳血管障害や骨盤内手術に伴う神経学的な原因もあります。 十分な問診を行った上で、夜間の勃起の有無を調べるエレクトメーターを使用して勃起機能を調べ ます。その他、陰茎の血流を調べるために超音波検査を行うこともあります。 状況に応じてバイアグラなどの薬物療法を行ったり、心理学的治療を考慮したり、陰茎海綿体への 注射を行ったり、陰茎に陰圧をかけて勃起状態を作り出す器具を用いるといった治療を行います。 現在は我が国では行える状況にはなっていませんが、陰茎にシリコン性の器具を埋め込んで性交 を可能にする手術(陰茎プロステーシス)も期待されます。 悩みを持っていても、なかなか相談しにくい障害だと思います。しかし生活の中で重要な意味を持 つ障害ですので、遠慮なくご相談いただければと願います。


女性泌尿器科外来
従来、泌尿器科というと男性が受診する診療科と思われがちですが、最近では尿失禁や骨盤内臓器脱(膀胱脱や子宮脱)でお悩みの患者様が増加傾向にあります。当院では毎週木曜日の午後(受付時間14時~17時まで)に女性のための専門外来を開設しております。対象疾患としては頻尿、尿失禁、骨盤内臓器脱、過活動膀胱などを中心に診療いたします。
予約制での診察とさせて頂きますので診察を希望される方は、お電話での予約をお願いいたします。

尿失禁には主に腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、混合性尿失禁があります。

腹圧性尿失禁
咳やくしゃみ、重いものを持ったときなど腹圧が加わった時に尿が漏れる状態をいいます。出産、加齢、肥満、女性ホルモンの減少などが原因と言われています。治療としては薬物療法、骨盤底筋体操、手術療法(TVT手術、TOT手術)などがあります。

切迫性尿失禁
尿が溜まった時に急に強い尿意を伴い(尿意切迫感)、膀胱が勝手に収縮して尿が漏れる状態をいいます。原因としては過活動膀胱・神経因性膀胱があります。治療としては骨盤底筋体操や薬物療法があります。仙骨神経根電気刺激療法やボトックス膀胱壁注入も保存的治療の無効な方には考慮いたします。

混合性尿失禁
上記腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が合併した尿失禁です。

骨盤内臓器脱
膣から膀胱や子宮、小腸、直腸などが飛び出す病気です。骨盤底を支えている靭帯が脆弱になり骨盤内にある臓器が押し出されます。原因としては出産や加齢、肥満などが関係しています。症状としては骨盤内臓器の下垂感、排尿困難、尿失禁、排便機能障害や性交障害などがあります。治療としては骨盤底筋体操、ペッサリーの装着、手術療法があります。手術はメッシュを用いたTVM手術を当院では行っております。

★三郷中央総合病院泌尿器科の現状(2012年12月末現在)

新患数、新規入院数、手術処置数をグラフで示します。また主な手術処置の症例数を示します。

2008年-2012年新患数(クリックで大きな画像を表示)


2008年-2012年新規入院件数


2008年-2012年手術処置件数



手術処置内訳(2011年1月~2015年12月)
2011年2012年2013年2014年2015年
腎摘術(腹腔鏡下)
5
10(6)
2
0
0
腎部分切除
3
1
1
0
1
副腎的除術(腹腔鏡下)
0
1(1)
0
3
1
腎瘻
16
7
5
4
10
腎尿管全摘術(腹腔鏡下)
5
5(3)
4
2
3
後腹膜リンパ節郭清術
2
1
1
1
0
膀胱全摘術
3
3
1
0
0
回腸導管造設術
3
1
5
3
10
自然排尿型新膀胱
1
2
5
5
3
経尿道的膀胱腫瘍切除術
16
37
43
33
61
前立腺生検
96
85
74
63
96
前立腺全摘術
33
19
17
16
22
経尿道的前立腺切除術
15
10
16
11
11
内視鏡的結石破砕術
33
41
-
-
-
体外衝撃波結石破砕術
44
32
4
12
49
経皮的腎結石破砕術
1
5
3
3
1
高位精巣摘除術
1
2
0
0
1
ブラッドアクセス
10
16
12
30
19
腹膜カテーテル挿入
6
5
5
7
9
TVM(骨盤臓器脱手術)
0
3
2
3
0