三郷総合病院

診察担当医表

ごあいさつ

三郷中央総合病院外科は地域の基幹病院の外科として疾患の良性・悪性を問わず、消化器疾患を中心に、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、痔核などの一般外科診療を行っています。
低侵襲で「生活の質」を重視した治療を心がけて、内視鏡治療や腹腔鏡手術にも力をいれております。

外科 部長 鈴木義真

特色

腹腔視鏡手術による低侵襲の手術

患者様にとって手術による傷口が小さく、体力的な負担の少ない内視鏡手術を胆嚢の摘出・大腸癌(癌の進行度や病変のある場所を検討させてもらい)についての手術を行っています(今後、胃癌に対しての腹腔鏡手術も導入の予定です)-その他の項目より腹腔鏡下胆嚢摘出術の説明と腹腔鏡下S状結腸切除術の動画が参照できます。

悪性腫瘍に多角的な治療

悪性腫瘍手術では、胃・大腸の癌治療も行っており、早期胃癌に対しては内視鏡での切除術(胃粘膜下層剥離術-その他の項目より内視鏡写真参照できます)も実施しています。進行癌に対しては根治手術とともに手術前後の化学療法などを行っています。また再発がんや切除不能がんに対する治療にも積極的に取り組んでおり、埋め込み型カテーテルを使用した栄養療法や抗癌剤治療など多角的な治療を行っています。

緩和医療

緩和医療も行っており、抗がん剤を使用しながら除痛をはかる緩和療法に取り組んでいます。

当科で診断・治療をする主な疾患

食道 逆流性食道炎、食道癌、食道静脈瘤
胃炎、胃潰瘍、胃癌、胃ポリープ
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ
肝臓 肝機能障害、肝硬変、肝臓癌、肝腫瘍、肝膿瘍
胆嚢 胆石、胆嚢炎、胆嚢癌、胆嚢ポリープ
胆管 総胆管結石、胆管癌
膵臓 膵炎、膵臓癌、膵腫瘍
大腸 炎症性腸疾患(急性腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病など)、急性虫垂炎、憩室症、大腸癌、大腸ポリープ
肛門 内痔核、外痔核、裂肛、痔瘻

その他の項目より当科での昨年の手術実績症例数を確認頂けます。

スタッフ紹介

 (部長)鈴木 義真
資格 医学博士
順天堂大学非常勤助手
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
専門分野 消化器疾患
消化器内視鏡検査・治療
一般外科

 (医長)瀧田 尚仁
資格 医学博士
順天堂大学非常勤助手
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
専門分野 消化器疾患
消化器内視鏡検査・治療
一般外科

 (医長)野中 英臣
資格 日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医
消化器がん外科治療認定医
順天堂大学非常勤助手・医学博士
埼玉県緩和ケア研修会修了医
がんのリハビリテーション研修修了医
身体障害者福祉法第15条指定医(膀胱又は直腸機能障害)
専門分野 消化器内科疾患
消化器内視鏡検査・治療
消化器外科(腹腔鏡手術)、一般外科
消化器化学療法(抗がん剤治療)

その他

胆石症に対する低侵襲手術とは?(腹腔鏡下胆嚢摘出)

 当院では、胆石症、胆嚢ポリープなどの良性疾患に対して、積極的に内視鏡を用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。

 この手術は、従来の開腹手術に比べ、身体に対する侵襲が非常に少なく、痛みに対して弱いとされている若い方でも、手術の翌日には自力で歩いて病室に戻ることができます。もちろん術後の回復も早く、人によっては翌日から食事を開始することも可能です。その為、無症状の胆石症の方にも、将来の胆嚢炎や胆嚢癌の発生を危惧して予防的にこの手術を行うことが多くなってきています。

 実際の手術は、全身麻酔下に行い、腹腔内に4ヶ所の穴を開けて臍の下から内視鏡を挿入し、他の穴からは、手術操作をする器具(直径10mmと5mm)を挿入して手術を行います。腹腔内には炭酸ガスを注入し、腹腔内を膨らませた状態で、充分な視野のもとにTVモニターを見ながら胆嚢を切除していきます。完全に胆嚢が他の臓器や組織から遊離したら、特殊なビニール袋の中へ切除した胆嚢を入れ、内視鏡を挿入していた穴から腹腔外へ摘出します。

 このように、文章で書くと簡単な手術のように感じられるかもしれませんが、実際は開腹手術に比べ、熟練した外科的な技術がないと安全な手術は行えません。最近では技術も進歩し、腹部の手術を過去に受けた方でも、この手術方法で対処できることが多くなってきました。ご相談のある方は、当院の外科外来までお越しください。

2016年三郷中央総合病院外科手術実績

       
総手術数
145例
胃癌
6例
幽門側胃切除
4例(腹腔鏡手術1例)
胃全摘
2例
胃潰瘍
1例
大網充填術
1例
腸閉塞
5例
腸閉塞解除
3例
小腸部分切除
2例
大腸癌
34例(うち10例腹腔鏡手術)
結腸半切除
3例
結腸部分切除
21例
直腸切除
8例
直腸切断
1例
人工肛門造設
1例
虫垂炎
17例
虫垂切除
17例
胆石症
31例
腹腔鏡下胆嚢摘出
29例
開腹胆嚢摘出
2例
総胆管結石
0例
肝臓癌(肝転移)
1例
肝部分切除術 
1例
胆管癌
0例
膵臓癌
0例
乳癌
1例
乳房切除
1例
皮下腫瘍
2例
腫瘤摘出術
2例
痔核
0例
鼠径ヘルニア
40例
鼠径ヘルニア修復術
40例
その他
7例

施設認定

日本外科学会外科専門医制度関連施設
日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
日本がん治療認定医機構研修施設

内視鏡検査(観察・生検、診断目的)

上部消化管内視鏡検査(経口&経鼻)―胃カメラ 1824例(経鼻:281例)
下部消化管内視鏡検査―大腸カメラ 1095例
逆行性胆管膵管造影検査 83例

内視鏡処置

胃ポリープに対するポリペクトミー 0例
大腸ポリープに対するポリペクトミー 143例
食道狭窄に対する食道ブジー(バルーンを用いた拡張術) 1例
直腸狭窄に対する直腸ブジー(バルーンを用いて拡張術)     2例
食道静脈瘤に対する静脈瘤結紮術 2例
胃瘻造設術22例
総胆管結石採石のためのファーター乳頭切開術  17例
胆管癌・膵臓癌・総胆管結石に対する胆管ドレナージ術  18例
食道癌に対する食道ステント留置術 1例
大腸癌に対する大腸ステント留置術 0例
膵臓癌による十二指腸狭窄に対する 十二指腸ステント留置術 5例
胆管癌・膵臓癌による胆管狭窄に対する 胆管ステント留置術  4例
早期胃癌に対する胃粘膜下層剥離術 4例
経肛門イレウス管挿入 2例

胃粘膜下層剥離術画像紹介

胃の出口付近(幽門前庭部)にφ10mm程の隆起した早期胃癌病変認める

病変部周囲に切除部分をマーキングした状態

マーキングした病変部の粘膜を全周切開した状態

病変部の粘膜下層剥離が完了した状態

このような比較的小さめの病変であれば処置の所要時間は30分程で静脈麻酔で眠った状態で施行します。

腹腔鏡下S状結腸切除術

National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、 患者様に最善の医療を提供する事を目的としております。

登録される情報からは患者様を特定することは出来ませんが、重要なデータとして厳密に管理致します。
尚、患者様の自由意思により、データの登録拒否が可能です。
(データ登録の拒否を希望される場合は、当院のスタッフにお知らせ下さい。)

詳細はこちらをご覧ください。