三郷総合病院

数字でみる医療の質

 三郷中央総合病院の病院理念として『愛し愛され信頼される病院』が掲げられ、地域や患者様の要望に応えられる「医療の質」をもち、安全で安心してかかれる病院をめざしています。
 「医療の質」向上には、医療の標準化と継続的改善が必要です。
 また「医療の質」を評価する上で、医療の経過や結果を数値化し、客観的に表す指標が必要になります。
 現在、院内に組織横断的な委員会(50)を組織し、医療の質評価指標を活用し、定期的に問題点を検証し、病院全体で医療の質の向上(改善)に取り組んでいます。

※クオリティ・インディケーター(Quality Indicator)
「根拠(EBM:エビデンス)に基づいた医療の実践度合いを測定するための指標」であり、医療の質を評価する目安となります。

診療実績

 当院では、診療に係る様々な指標や手術実績を公開しています。

クオリティ・インディケーター(Quality Indicator)

 「根拠(EBM:エビデンス)に基づいた医療の実践度合いを測定するための指標」であり、医療の質を評価する目安となります。