三郷総合病院

数字でみる医療の質

退院時リハビリテーション指導実施率(回復期リハビリテーション病棟)

リハビリテーションの目的は、日常生活動作(ADL)の向上と早期の社会復帰があげられます。
退院予定の患者様に対しては、希望により自宅の家屋評価や、退院後の訪問リハビリなど在宅復帰を促すさまざまな取り組みを行っています。
退院時に患者様・ご家族に最適なリハビリテーションを指導し、退院後も継続してリハビリテーションを実施することにより生活の質(QOL)の向上につながります。

《定義・計算式》
分子:回復期での退院時リハビリテーション指導の実施数
分母:回復期リハビリテーション病棟でのリハビリ対象の退院患者数