三郷総合病院

2018年 臨床研修医募集案内

臨床研修医  ~厚生労働省 基幹型臨床研修指定病院~

≪初期臨床研修(ジュニアレジデント)≫

平成29年度在籍数 1年 3名
2年 2名

先輩研修医から
この病院は医局の垣根が低く、いろんな科の先生にコンサルトしやすいのが魅力の一つだと思います。
また、医局と病棟も近くに位置しており、すぐに患者さまの元にも行け、逆に病棟で疑問を生じた時に、すぐに医局に調べに戻ることもできるので、とても研修医が働きやすい環境です。
今は、まだ上級医の方々に助けられながら、なんとか日々の仕事をこなしています。
今後ともよろしくお願いします。

  1. プログラムの名称
    『三郷中央総合病院 臨床研修プログラム』

  2. プログラムの目的と概要
    1. 目的
      当病院の研修は、このプログラムを履修することにより、全ての臨床医に求められる「患者を全人的にみる能力」の習得を目的とする。このことは医師は単に専門分野の疾患を治療するのみではなく、患者・家族の抱える様々な身体的・心理的・社会的問題も的確に認識・判断し、チーム医療のなかで、治療看護、介護サービス等種々の方策を総合的に組織・管理し、問題解決を図る能力を備えることである。

      ◆このプログラムの一般目標は以下のとおりである。
      1. 全ての臨床医に求められる基本的な診察に必要な知識・技術・態度を身につける。
      2. 緊急を要する病気又は外傷をもつ患者の初期診療に関する臨床能力を身につける。
      3. 慢性疾患患者や高齢患者の管理上の要点を知り、リハビリテーションと在宅医療・社会復帰の計画立案ができる。
      4. 末期患者を人間的・心理的理解の上にたって、治療し管理する能力を身につける。
      5. 患者及び家族とのより良い人間関係を確立しようと努める態度を身につける。
      6. 患者の持つ問題を心理的・社会的側面をも含め全人的にとらえて、適切に解決し説明・指導する能力を身につける。
      7. チーム医療において、他の医療メンバーと協調し協力する習慣を身につける。
      8. 指導医、他科又は他施設に委ねるべき問題がある場合に、適切に判断し必要な記録を添えて紹介・転送することができる。
      9. 医療評価ができる適切な診療録を作成する能力を身につける。
      10. 臨床を通じて思考力、判断力及び創造力を培い、自己評価し第三者の評価を受け入れフィードバックする能力を身につける。

    2. 特徴
      三郷中央総合病院の他に研修を行なう上尾中央総合病院・柏厚生総合病院・三郷ケアセンターは全て関連施設となっており、また、東邦大学医療センター大森病院・大橋病院でも総合的な研修が可能である。
      豊富な症例を有し、地域密着型の充実した研修が体験できる。

  3. プログラム責任者・副責任者・指導医
    1. プログラム責任者:内田 耕(副院長)
    2. プログラム副責任者:大澤 秀文(院長)
    3. 指導医:各科部長及び常勤医師

  4. 基幹型病院・協力型病院・協力施設
    1. 基幹型病院 三郷中央総合病院
    2. 協力型病院 上尾中央総合病院
            柏厚生総合病院
            東邦大学医療センター 大森病院
            東邦大学医療センター 大橋病院
    3. 協力施設  三郷ケアセンター

  5. プログラム責任者・副責任者・指導医
    1. 臨床研修プログラム年間計画・教育課程
      ≪基本型≫

      1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
      1年次 内科 選択必修※1 救急部門
      2年次 選択科※2 地域保健
      ※1 選択必修については5科目(外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科)から2科目以上を選択する。研修期間は各々1ヶ月以上とする。
      ※2 選択科は研修科目によっては協力病院にて行なう科目もある。但し協力病院における選択科の研修は原則2ヶ月以内とする。
      ※3 上記基本型の他に、内科系プログラム・外科系プログラムなど、目標に沿ったプログラム計画が可能。

  6. 募集要項及び研修医の処遇
    ≪2018年 臨床研修医募集要項≫
    募集定員 4名(1年次)
    募集方法 公募マッチング
    募集資格 ①平成30年3月卒業見込み又は、既卒者で平成30年医師国家試験受験見込みの者
    ②研修医マッチングプログラムに参加登録する者
    応募書類 履歴書(写真添付)・成績証明書・卒業(見込)証明
    健康診断書
    選考方法 書類選考・面接・小論文
    選考時期 平成29年8月1日以降随時(病院見学随時受付中)
    ≪研修医の処遇≫
    身 分 常勤
    給 与 1年次 450,000円
    2年次 500,000円
    勤務時間 9:00~17:30
    時間外勤務あり、当直あり(月4~5回)
    休 暇 有給休暇(1年次10日、2年次11日)
    年末年始休暇あり
    手 当 当直手当あり
    宿 舎 医師住宅規定により住宅を貸与する
    社会保険 健康保険、厚生年金、労働保険、雇用保険あり
    健康診断 年1回(従事内容によっては年2回)
    医師賠償保険 病院において加入(個人加入は任意)
    外部の研修活動 学会・研修会参加可能
    規程により一部費用負担有り
    食 事 昼食220円(事前申込)※当直医の食事は支給
    ≪連絡先≫
    問い合わせ先 総務課長 齋藤
    048-953-1321(代)
    E-Mail m-soumuka@mchp.jp